眠れない原因はスマホ|睡眠導入剤ルネスタで翌朝までぐっすりと、優しい効果が人気です

眠れない原因はスマホ

色々な薬

ルネスタは入眠障害と呼ばれる、眠りたくてもなかなか寝付くことのできない睡眠障害に効果がある睡眠導入剤です。
他の睡眠障害には中途覚醒という眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまうものや、早く起きすぎてしまうもの。
寝ても疲れが取れず寝た気がしない、というように複数ありますが、その中でも入眠障害は近年患者数が増加している睡眠障害なのです。
人間が睡眠に入るためには、睡眠ホルモンと呼ばれるものが体内に分泌されている必要があります、体内時計が狂わず正常ならばきちんと分泌されるのですが、ストレスや生活リズムの狂いによって体内時計はあっという間にくるってしまい、睡眠ホルモンが分泌されなくなってしまいます。
また、人間の体内にある自律神経の中には交感神経と副交感神経というものが存在しています。
普段は交感神経が活動し、体を休める際には副交感神経が活動し始めるのですが、副交感神経が正常に動いていなければ肉体は休まらず、眠りにつきにくくなってしまいます。
そしてこの自律神経の動きを狂わせてしまうものに、スマートフォンやテレビから出るブルーライトというものがあります。
ブルーライトが目に入ることによって、交感神経の活動が活発になり、意識は寝ようと思っていても体はどんどん活動的になってしまうと言われています。
なので夜寝る前にゲームをしたり、寝付けないからと言ってベッドの中でスマホを見ていると、どんどん眠れなくなっていってしまうんです、今眠れないからどうして眠れないんだろう、と思ってこの記事をスマホから見ている人はいませんか?
そういう人は、自分から進んで寝付けない状態を作っている可能性があるので要注意ですよ!